13 Mar

4月に勤め先に新人が多数配属になる為、本社会議室のセッティングを手伝う事になりました。

新人研修の準備です。

私が今の会社に新入社員とし入社したとき、一番最初に社員研修があり、新入は全員参加で、三日間本社でカンズメになりました。

文字通り、朝から晩まで、びっちりと研修を受け、その研修後に配属先にそれぞれ散っていくので、最初の三日間はかなり濃厚なものだった記憶があります。

会社の企業理念や、創業から現在に至るまでの歴史、創業者の言葉など、会社に関連することをまず初日に教わりました。会社のモットーだったり、各部署の目指しているものなどを、各部署の長が話し、それを必死でメモをとりました。

二日目は、各部署の主な仕事内容や、代表的な仕事の流れなどの説明でした。今思い返すと、新入社員が一人も配属されてなかった部署の説明も、事細かにされたのは何だったのだろうと思ったりもしますが、新卒の立場でそこまで考える余裕もなく、真剣に話を聞いていました。

また、社会人マナーと常識学習などは、企業研修のプログラム派遣サービスより専門の講師の方が来て教えていただきました。

初日と二日目は、最後の一時間でその日研修を受けたことを総括したテストがあり、それもまたかなりの重圧でした。

今になって、そのテストの結果がその後の昇進などには全く影響はなかったとわかりましたが、その時は死にもの狂いのような気持ちで研修を受け、テストを受けました。

今思い返すと、あの時の社員研修があったからこそ会社にも早くなじめ、また、同期とも仲が良くなったきっかけだったなと、懐かしく思います。

Comments are closed.