07 Augインターネットでせどりで稼げるのか

インターネットビジネスの塾などでよく紹介されている理論として、インターネットで確実に稼ぐにはPPC広告とアフィリエイトもしくはクリック広告の組み合わせがあります。

PPC広告とは「1クリックあたり?円」というディスプレイ広告の事で、例えば1クリック10円のキーワード広告を出して100クリックで1件の報酬が出る確率であることがわかったら、その報酬額が1000円以上ならPPC広告を出せば出すだけ利益になるというものです。

上記の事を報酬2000円で計算すると、1000円の広告を出すと2000円の報酬が得られるわけで、100000円項目を出せば200000円の報酬というような具合です。

ただ、理論としてはそうでも、なかなか報酬を確実に上回るキーワードを発見する事はできませんし、いろいろ試して1割ほど帰ってくるようなものが精いっぱいだという人もいます。

10万円投資して11万円がリターンされるというような事ですので、素人が副業で手を出すにはリスクに対して利幅が低すぎます。

インターネットせどり稼ぐ方法で、ノウハウさえ理解してツールを使えばまず失敗する事の無い商売として一番安定しているのは書籍のせどりだと思います。

スマートフォンで、ヤフオクの落札価格を見て同じ本を古本屋さんで見比べてみてください。

人気のコミックなどで無かったら、今目の前の本を購入してオークションで売るだけで利益が出るモノを見つけられると思います。

これを突き詰めていくと、オークション価格と目の前の本を瞬時にチェックできるツールを使ったり、蚤の市やフリーマーケットで10円、20円という価格で仕入れるという方法に気が付きます。

それでもオークションでの価格は安定しており、原価を割るという事はほとんどないそうです。

Comments are closed.