08 Mayガラスコーティング

コーティングという技術に興味があるのは、実は女性、それも主婦や掃除を頻繁にする一人暮らしの女性だと思います。

男性の方が一人暮らししていて、水場の掃除やフローリングや壁などを気を使って丹念に掃除をする人ってあまり見たことがありません。

愛車の洗車で、水垢がついた部分を異様に気にするのに洗面所のボウルの水垢や、台所のシンクの曇り、フローリングの上青ベタベタはだしで歩くなど「無頓着だなぁ」と思う事がたびたびです。

新居が新しいマンションであった場合などは、男性は物件の間取りや場所が望み通りなら後は少々の不都合は見て見ぬふりですよね。

しかし、女性は日々の掃除を考えて、「全面フローリングは拭き掃除が大変そう」とか、「お風呂がタイル張りだから目地のカビに注意しなくちゃ」という事をはじめに考えてしまうのです。

新しい家に住もうという時に、日々の家の手入れの段取りを考えるというのは当然のことで、例えば、友人がある中古マンションをリフォームして購入した時に一番に変更を決めたのが全面じゅうたんマット敷きの床だったそうです。

やはりじゅうたん敷きの場合、清潔さを保つには掃除機をこまめにかけて月一度はスチーム洗浄をしないといけないと考え、それならば初めに費用がかかってもクッションフロアーなどに変更しようと思ったとの事です。

私も独身時代の感覚だったら、物件の場所や間取り、日当たりなどばかり考え、「ここは掃除はしにくそうだな」「手間が掛かるな」という事はまず考えなかったと思います。

そして、入居してから「ああ、これは大変だ。どちらか選べるならそっちにすればよかった。」と後悔するといった具合です。

まあ、結婚して自分のズボラな感覚を直されてからは、掃除やメンテのしやすさをはじめに考えるようになり、新築のマンションに引っ越した時にも、水回りとフローリングはガラスコーティングをプロに依頼しました。

222-works_after

森のしずくというフロアーコーティングで有名な会社の、「ナノグラスコート」を選択しましたが、これは30年間保証のかなり強いコーティングで、ワックスなどによる保護とは違う原理です。

ようは目に見えないくらい細かいガラスとそれを樹脂で被膜のように覆うのもらしく、極端な例を言えば紙の上にその施行を施せば、見た目は紙なのにガラスの様な表面高価になるのです(素人の説明ですので、詳細は誤っているかもしれませんが悪しからず…)。

職人さんにそのナノグラスのコーティング剤を塗ってもらうだけで、ガラスのテーブルを拭くような感じで汚れを落とすことができるようになります。

これだと、床はモップで拭くだけでピカピカになりますし、水回りも汚れを弾いてくれるので毎日の掃除がかなり楽になるのです。

掃除が楽になると、新築状態をきれいに保つのも苦になりませんから、結果としてマンションという大事な財産を長持ちさせることに繋がります。

水回りなどの水垢やカビなども一度発生してしまった後にクリーニングするのと、初めから保護しておくのでは大違いですから、新築マンションを購入する時に「よし!初めが肝心だ!」と初期投資を奮発しました。

実際に施工されてみると、確かにガラスの様なものに覆われているのに、見た目ほど滑ったりしませんし、これが30年という長い期間で保障されるとなると全く損が無いと思えます。

02 May電話占いは安心

占いの館などは敷居が高いような気がして、最近はほとんど行かなくなりました。

その代わり、いつでも気軽に自宅で利用できる、電話占いをやることがあります。

相談内容はほとんど人間関係のことで、仲が良くない親戚との付き合い方に悩むことが多いです。

特に同居している義母とは、もう何年も確執が続いており、いい加減に出て行って欲しいと思っています。

最初は仲良くしようと歩み寄っていたのですが、相手がケンカ腰で話してくるので疲れ果てました。

一緒にいると監視してくるので、義母が旅行に出た時などは、主人にも隠れて夜中に利用しています。

いくつかサイト登録して、待機している先生に依頼をお願いすることが多く、思いきり愚痴を吐き出すようにしているのです。

最近の電話占いは費用がかかるので、1分100円程度のところしか使わないようにして、話もできるだけ簡潔さを心がけています。

予算と時間については30分くらいが限度ですが、義母と仲良くするアドバイスではなく、いつ縁が切れるかを占ってもらっています。

先生によって違いますが、あと1年以内には同居解消できる可能性があるので、その言葉を頼りに何とか不満をこらえているのです。

身近な人に愚痴をこぼすと、どこから本人の耳に入るか分からないので、電話占いは安心して使えるところが便利だと思います。

28 Apr結婚式と口コミ

結婚式を挙げた人たちの口コミをよく読むようにしていました。

私の譲れないこだわりは、友人と同じ会場で式を挙げないこと。

友人にも私の知らない友人がいますので、できればその知らない友人さえも結婚式を挙げていない会場を使いたいと思っていました。

その理由は、2回目の会場に招待された結婚式では、どうしても1回目のときと比べてしまうからです。

でも私は結婚式が遅い方。

年齢的にも粗末な式にはしたくないし、かと言って予算もそれほどない。

友人にそれとなく確認しつつ、ネットや本を利用して穴場な会場を探すことにしました。
会場を調べていると、当日雨で残念だったという口コミが多かったことにも気がつきました。

それならと雨ならできないことは最初から計画しないことにしました。

結婚式場の口コミなどの情報をチェックして下調べに時間をかけたおかげで、式場も内容もスムーズに決めることができました。

ただ一点、油断していたことがありました。
それは当日着るドレスです。

ひと月しか結婚式が離れていない友人と同じ衣裳室だったんです。

会場が違うのに、入っている衣裳室が同じことを知って驚きました。

担当の人に聞くと友人がどんな衣裳を着るかまでは教えてもらえなかったのですが、事情を説明して、私が着ることになったウエディングドレスとお色直しのドレスは、友人が利用できないように手を回してもらいました。

友人の結婚式が先だったのですが、友人は私も試着したことのあるドレスを着ていました。

重ならなくて良かったと心から思いました。